医療法人社団白樺会|介護老人保健施設|麓華苑|ろっかえん|倶知安|白樺会内科クリニック

 

赤井川村地域包括支援センター

   
   地域包括支援センターは赤井川村からの委託事業です。
 高齢の方が、住み慣れた地域で尊厳をもってその人らしい生活ができるよう必要な支援を行っていきます。

〒046-0501
北海道余市郡赤井川村字赤井川318番地1
TEL:0135-48-5205 / FAX:0135-48-5206
 

事業所概要

事業所概要
  所在地 〒046-0501 北海道余市郡赤井川村字赤井川村318番地1
       赤井川村健康支援センター内
  営業時間 8:30~17:15
  休業日 土曜日・日曜日・祝日
  地域 赤井川村全域
  対象者 赤井川村民の皆さん及びそのご家族等
  費用 ご相談は無料です。介護予防ケアプラン等作成にかかる費用は全額保険給付のため、ご利用者様の負担はありません
 

業務内容

業務内容
 

 

地域包括支援センターの役割

地域包括支援センターは、高齢者やご家族が住みなれた地域で安心して暮らしていけるように、いろいろな面からみなさんを支えます。

1.相談や悩みにお応えします(総合相談)

介護、福祉、健康や医療など総合的な相談窓口です。
自分のこと、家族のこと、ご近所さんのことなど、どこに相談してよいか分からない心配事も、お気軽に相談ください。
担当職員がご相談に応じます。
 

2.高齢者の権利を守ります(権利擁護)

◆高齢者虐待防止
高齢者虐待の防止、早期発見につとめます。
近所の高齢者の様子が“ちょっと心配…”という小さな気づきがあれば、ご連絡ください。
  ・郵便物や新聞が郵便受けにたまっている
  ・最近、姿を見かけない
  ・家の中から大きな怒鳴り声が聞こえる
  ・服装が不自然(汚れがひどい、季節に合わない格好をしている、など)

◆成年後見制度の活用促進
『成年後見制度』は判断能力が十分ではない人(認知症、知的障がい、精神障がいなど)の「預貯金の管理」(財産管理)や「日常生活でのさまざまな契約等」を支援(身上監護)する制度です。
制度の説明や専門機関を紹介するなどの支援を行います。

◆消費者被害の防止
悪質な訪問販売やリフォーム業者などによる被害を未然に防ぐため、消費生活相談室等と連携し、相談・普及啓発活動を行っています。

3.地域を支えます(包括的・継続的ケアマネジメント)

◆ケアマネジャーへの支援
ケアマネジャー(介護支援専門員)は介護の知識を幅広くもった専門家で、介護保険サービスに関するさまざまな支援を行います。
地域包括支援センターでは、地域のケアマネジャーが円滑に仕事ができるよう支援しています。

◆地域の連携づくり
さまざまな機関や村民の方々と連携を取り、高齢者の皆さんが暮らしやすい地域づくりを目指します。

 

赤井川村地域包括支援センター:活動の様子をお伝えしていきます。

赤井川村地域包括支援センター:活動の様子をお伝えしていきます。
フォーム
 
地域包括支援センター:11月のおしゃべりサロン・元気はつらつ教室
2017-11-30
 11月の活動についてお知らせします。
 11月のおしゃべりサロンは11月2日に赤井川村・文化祭へ参加。様々な作品を見学後に健康支援センターで茶話会を行い、楽しい時間を過ごしました。
 元気はつらつ教室は2回目の開催ということで参加者は7名に増えています。タオルを使った体操等で身体を動かしました。皆さん精力的に体操に取り組まれておられました。
 12月は元気はつらつ教室は10日開催、おしゃべりサロンは20日開催いたしますので、参加希望の方は地域包括支援センターまでご連絡ください。
 
地域包括支援センター:10月のおしゃべりサロンの様子・元気はつらつ教室開催
2017-10-30
 10月の活動についてお知らせします。
 10月のおしゃべりサロンは10月17日に赤井川村・保険推進員の皆さんとの交流も兼ねて、健康支援センターで体操を行った後に地域サロン・たんぽぽへ場所を移して、じゃんけん大会やビンゴゲーム等の楽しい企画を保険推進員の皆さんが企画をしてくださり、楽しい時間を過ごすことができました。
 お菓子や飲み物・景品もたくさん用意してくださり、保険推進員の皆さんありがとうございました。
 
 そして、10月から例年よりも早くに「元気はつらつ教室」を開催しました。初回は体操と講話を行っています。
11月も開催しますので、参加希望の方は地域包括支援センターまでご連絡ください。
 
地域包括支援センター:おしゃべりサロン開催・ふれあい健康祭りに参加しました
2017-09-22
 9月19日に健康支援センターで「おしゃべりサロン」を開催しました。今回は初めてずんどこ体操等を山崎相談員が担当しました。まだまだぎこちない動きだったかもしれませんが、参加者の皆さんの助けもいただきながら、無事に行うことができました。(次回はもっと上手に行えるように頑張ります)
 その後は参加者の方それぞれトランプや花札、おしゃべりなど楽しい時間を一緒に過ごしました。
 また来月もサロンは実施しますので、多くの方の参加をお持ちしています。
 
 9月16日には赤井川村で毎年恒例の「ふれあい健康祭り」に包括支援センターもオレンジカフェの出店とはたらく車展の一つとして、リフト式の送迎車を含んだ福祉車両の展示と体験会を行いました。
 福祉車両の展示は子どもを中心に多くの方の関心を頂き、大盛況でした。実際に車椅子に乗りリフトで昇降を体験する等、普段なかなかできない体験ができたかと思います。
 オレンジカフェも気軽にたくさんの方に足を運んでいただき、昔の話や普段の生活の中での悩み等を伺うことができました。これからも様々な行事へ参加し、住民の皆さんとお話しする機会を作っていきたいと思います。
 
地域包括支援センター:おしゃべりサロンにてあまらんす夏祭りへ参加しました。
2017-08-09
 8月8日グループホームあまらんす様で行われた夏祭りにおしゃべりサロン参加者から希望者を募い、お祭りに出席しました。
 あまらんすの皆さんの素敵な合唱や職員の皆さんによる楽しい余興等に参加された方々も楽しまれていました。 その他、焼き鳥やおでん等の食事も提供してくださり、お腹も心も満たされた時間となりました。
 最後に抽選会も行われ、見事に当選された方々おめでとうございます。この度、参加させていただいたあまらんすの皆様本当にありがとうございました!
 次回は8月22日(火)に健康支援センターにておしゃべりサロンを開催いたしますので、ぜひ参加してくださいね!
 
 
地域包括支援センター:第36回味覚祭りにてオレンジカフェ出店。
2017-08-07
 8月5日・6日に赤井川村カルデラ公園で開催された「第36回カルデラの味覚まつり」に地域包括支援センターは「お休み処こでまり」(オレンジカフェ)を出店しました。
 両日ともに天候に恵まれ、最高のお天気でお祭りが行われました。カフェでは飲み物の販売を行い、テント内には認知症の啓発DVDを流し、認知症についてのパネルコーナーを作成し、興味を持ってご覧いただけたと思います。
 店内でお休みされている方と職員がお話をさせていただき、ご自身やご家族の悩みを伺う等オレンジカフェとしての取り組みも行いました。
 お話しされた方の多くは村外からお祭りに来られた方が多く、「味覚まつり」の人気が改めてわかりました。多くの方に地域包括支援センターのPRができたと思います。お越し頂いた方々ありがとうございました。
qrcode.png
http://shirakaba-group.jp/
モバイルサイトにアクセス!
021898
<<医療法人社団白樺会>> 〒044-0013 北海道虻田郡倶知安町南三条東5丁目1-2 TEL:0136-22-0003 FAX:0136-22-0288