医療法人社団白樺会|介護老人保健施設|麓華苑|ろっかえん|倶知安|白樺会内科クリニック

 

赤井川村地域包括支援センター

   
   地域包括支援センターは赤井川村からの委託事業です。
 高齢の方が、住み慣れた地域で尊厳をもってその人らしい生活ができるよう必要な支援を行っていきます。

〒046-0501
北海道余市郡赤井川村字赤井川318番地1
TEL:0135-48-5205 / FAX:0135-48-5206
 

事業所概要

事業所概要
  所在地 〒046-0501 北海道余市郡赤井川村字赤井川村318番地1
       赤井川村健康支援センター内
  営業時間 8:30~17:15
  休業日 土曜日・日曜日・祝日
  地域 赤井川村全域
  対象者 赤井川村民の皆さん及びそのご家族等
  費用 ご相談は無料です。介護予防ケアプラン等作成にかかる費用は全額保険給付のため、ご利用者様の負担はありません
 

業務内容

業務内容
 

 

地域包括支援センターの役割

地域包括支援センターは、高齢者やご家族が住みなれた地域で安心して暮らしていけるように、いろいろな面からみなさんを支えます。

1.相談や悩みにお応えします(総合相談)

介護、福祉、健康や医療など総合的な相談窓口です。
自分のこと、家族のこと、ご近所さんのことなど、どこに相談してよいか分からない心配事も、お気軽に相談ください。
担当職員がご相談に応じます。
 

2.高齢者の権利を守ります(権利擁護)

◆高齢者虐待防止
高齢者虐待の防止、早期発見につとめます。
近所の高齢者の様子が“ちょっと心配…”という小さな気づきがあれば、ご連絡ください。
  ・郵便物や新聞が郵便受けにたまっている
  ・最近、姿を見かけない
  ・家の中から大きな怒鳴り声が聞こえる
  ・服装が不自然(汚れがひどい、季節に合わない格好をしている、など)

◆成年後見制度の活用促進
『成年後見制度』は判断能力が十分ではない人(認知症、知的障がい、精神障がいなど)の「預貯金の管理」(財産管理)や「日常生活でのさまざまな契約等」を支援(身上監護)する制度です。
制度の説明や専門機関を紹介するなどの支援を行います。

◆消費者被害の防止
悪質な訪問販売やリフォーム業者などによる被害を未然に防ぐため、消費生活相談室等と連携し、相談・普及啓発活動を行っています。

3.地域を支えます(包括的・継続的ケアマネジメント)

◆ケアマネジャーへの支援
ケアマネジャー(介護支援専門員)は介護の知識を幅広くもった専門家で、介護保険サービスに関するさまざまな支援を行います。
地域包括支援センターでは、地域のケアマネジャーが円滑に仕事ができるよう支援しています。

◆地域の連携づくり
さまざまな機関や村民の方々と連携を取り、高齢者の皆さんが暮らしやすい地域づくりを目指します。

 

赤井川村地域包括支援センター:活動の様子をお伝えしていきます。

赤井川村地域包括支援センター:活動の様子をお伝えしていきます。
フォーム
 
地域包括支援センター:赤井川村地域包括支援センター:6月の活動の様子
2022-06-30
 6月のおしゃべりサロンは、お料理教室を開催しました。今回はクレープを調理し、みんなでいただきました。参加者の中にはクレープを食べるのも作るのも初めてという方もおり、職員もお手伝いしながら3種類のクレープを作りました。「意外と作れるもんだね」「家でも作ってみたいから生地のレシピが欲しい」との声をいただいています。自宅でクレープ等のお菓子作りをすることも少ないと思いますので、またこのようなお料理教室を開催して、楽しんでいただきたいと思いました。
 
地域包括支援センター:赤井川村地域包括支援センター:5月の活動の様子
2022-05-30
 5月のおしゃべりサロンは、おたる水族館へ行ってきました。イルカショーや館内や屋外にいる海の動物をみながら楽しい時間を過ごされていました。「なかなか遠出ができないから、久しぶりの水族館は楽しかった。」「ドライブもしてすごくいい機会でした。」と皆さんに喜んでいただけました。今後も皆さんに楽しいひと時を過ごしていただけるような企画を考えていますので、ご参加お待ちしております。
 
地域包括支援センター:赤井川村地域包括支援センター:4月の活動の様子
2022-05-04
 4月のおしゃべりサロンは、午前・午後の2部制に分け、桜の咲き誇る余市川河川敷をウォーキングポールを使いながら散歩しました。朝、雨がぱらつく中、お天気が心配されましたが、余市へ着くと、青空に恵まれ、風は少々強いものの、満開手前の桜の花を眺めながら、お花見を満喫できました。初めて来るという方もおり、「近所に桜はあまりないから、お花見ができてうれしい」「風はつよいけど、桜が綺麗で最高!」との声もあり、皆さん楽しまれていたようです。少し冷えた身体をセンターへ帰設後、温かいお茶と職員お手製の焼菓子を召し上がっていただき温めたあとは、皆さんおしゃべりに花が咲き楽しいひと時を過ごされていました。
 
地域包括支援センター:赤井川村地域包括支援センター:3月の活動の様子
2022-03-31
 3月のおしゃべりサロンは、トーナメント式のペタンク大会を行いました。ペタンクは初体験の方もいましたが、それぞれのチームが優勝目指して競い合いました。高齢者にも優しいペタンクを経験することで「身体を動かすのって気持ちいい」と、これからも体操やサロンに参加したいと希望してくださった方もいました。最後に景品となるお菓子の詰め合わせを1位のチームから順に選んでいただき、楽しい時間を過ごせました。
 
地域包括支援センター:赤井川村地域包括支援センター:2月の活動の様子
2022-03-06
 2月のおしゃべりサロンでは、赤井川村の住民である阿部政範さんに来ていただき、かんじき体験を行いました。木製、プラスチック製、アルミ製などたくさんのかんじきを用意し、阿部さんのお話を聴きながらかんじきを履いて外遊びをしていた思い出を話されていました。
 かんじき体験をした参加者の皆さんからは「外を歩くのは気持ち良い」「いい体験ができてよかったし、楽しかった」との声をいただきました。かんじき体験後は健康支援センターへ行き、職員手作りの豚汁を食べて冷えた体を温めていただきました。
qrcode.png
http://shirakaba-group.jp/
モバイルサイトにアクセス!
065916
<<医療法人社団白樺会>> 〒044-0013 北海道虻田郡倶知安町南三条東5丁目1-2 TEL:0136-22-0003 FAX:0136-22-0288