医療法人社団白樺会|介護老人保健施設|麓華苑|ろっかえん|倶知安|白樺会内科クリニック

 

赤井川村地域包括支援センター

   
   地域包括支援センターは赤井川村からの委託事業です。
 高齢の方が、住み慣れた地域で尊厳をもってその人らしい生活ができるよう必要な支援を行っていきます。

〒046-0501
北海道余市郡赤井川村字赤井川318番地1
TEL:0135-48-5205 / FAX:0135-48-5206
 

事業所概要

事業所概要
  所在地 〒046-0501 北海道余市郡赤井川村字赤井川村318番地1
       赤井川村健康支援センター内
  営業時間 8:30~17:15
  休業日 土曜日・日曜日・祝日
  地域 赤井川村全域
  対象者 赤井川村民の皆さん及びそのご家族等
  費用 ご相談は無料です。介護予防ケアプラン等作成にかかる費用は全額保険給付のため、ご利用者様の負担はありません
 

業務内容

業務内容
 

 

地域包括支援センターの役割

地域包括支援センターは、高齢者やご家族が住みなれた地域で安心して暮らしていけるように、いろいろな面からみなさんを支えます。

1.相談や悩みにお応えします(総合相談)

介護、福祉、健康や医療など総合的な相談窓口です。
自分のこと、家族のこと、ご近所さんのことなど、どこに相談してよいか分からない心配事も、お気軽に相談ください。
担当職員がご相談に応じます。
 

2.高齢者の権利を守ります(権利擁護)

◆高齢者虐待防止
高齢者虐待の防止、早期発見につとめます。
近所の高齢者の様子が“ちょっと心配…”という小さな気づきがあれば、ご連絡ください。
  ・郵便物や新聞が郵便受けにたまっている
  ・最近、姿を見かけない
  ・家の中から大きな怒鳴り声が聞こえる
  ・服装が不自然(汚れがひどい、季節に合わない格好をしている、など)

◆成年後見制度の活用促進
『成年後見制度』は判断能力が十分ではない人(認知症、知的障がい、精神障がいなど)の「預貯金の管理」(財産管理)や「日常生活でのさまざまな契約等」を支援(身上監護)する制度です。
制度の説明や専門機関を紹介するなどの支援を行います。

◆消費者被害の防止
悪質な訪問販売やリフォーム業者などによる被害を未然に防ぐため、消費生活相談室等と連携し、相談・普及啓発活動を行っています。

3.地域を支えます(包括的・継続的ケアマネジメント)

◆ケアマネジャーへの支援
ケアマネジャー(介護支援専門員)は介護の知識を幅広くもった専門家で、介護保険サービスに関するさまざまな支援を行います。
地域包括支援センターでは、地域のケアマネジャーが円滑に仕事ができるよう支援しています。

◆地域の連携づくり
さまざまな機関や村民の方々と連携を取り、高齢者の皆さんが暮らしやすい地域づくりを目指します。

 

赤井川村地域包括支援センター:活動の様子をお伝えしていきます。

赤井川村地域包括支援センター:活動の様子をお伝えしていきます。
フォーム
 
地域包括支援センター:10月の活動について
2018-10-30
  10月の活動についてお知らせいたします。
 
 10月のおしゃべりサロンは、今年度2回目の地域サロン「たんぽぽ」との交流会を行いました。前半は健康支援センターにて認知症予防の体操を行い、後半は「たんぽぽ」へ移動して、保健推進員さんとの交流や、ゲーム大会を行いました。人数も30名以上参加していただき、日頃会えない方との交流や、イベントを皆さん楽しまれておりました。
 元気はつらつ教室は、冬に向けて運動習慣をつけたいという方や、痛みに対してのアプローチを掛けたいという方々が集まり、最後まで熱心に体操に参加されていました。
 また、1月から3月までの元気はつらつ教室は毎週開催となりますので、冬季間の運動不足解消等に是非お役立てください。
 
 来月はサロンや体操教室の他、家族介護交流会を予定しております。参加希望・興味のある方は赤井川村地域包括支援センターまでご連絡ください。
 
 
 
地域包括支援センター:9月の活動について
2018-09-28
  9月の活動についてお知らせいたします。
 
 9月は赤井川包括主催の研修会を行いました。講師に館歯科医院の館先生をお招きし、摂食嚥下セミナーを開催しました。
日頃から高齢者と関わる専門職や、摂食嚥下に関心のある方々を対象に、高齢者の現状から嚥下障害の対応について講義され、管理栄養士の永谷氏よりバランスのとれた食事に関するアドバイスも頂きました。普段あまり聞くことのできない話や、珍しい映像資料もあり、今後の嚥下障害の対応の参考とすることができたとの声を頂けました。
 
 おしゃべりサロンの方は、震災・停電の影響や、仕事の都合もある中、多くの方にお集まりいただき、体や頭の体操を行ったり、参加者間での交流を楽しまれていました。また、家族介護交流会の方も実施し、有益な時間を過ごすことができました。
 
 来月はサロンや体操教室の他、認知症サポーター養成講座を予定しております。興味のある方は赤井川村地域包括支援センターまでご連絡ください。
 
 
地域包括支援センター:8月の活動について
2018-08-29
  8月の活動についてお知らせいたします。
  8月はグループホームあまらんすの夏祭りに招待していただき、おしゃべりサロン参加者の皆さんもお祭りを楽しまれました。毎年参加されている方や普段なかなかお祭りには参加されない方も、盆踊りやイベントを最後までご覧になっていました。
  通常のおしゃべりサロンもたくさんの方にお集まりいただき、体操や交流を楽しまれていました。元気はつらつ教室も皆さん意欲的に体操に取り組まれ、運動不足解消や痛みの予防を意識して頑張っておられました。

  来月はおしゃべりサロンと元気はつらつ教室の他、家族介護交流会を行いますので、興味のある方は赤井川村地域包括支援センターまでご連絡下さい。
 
 
地域包括支援センター:第37回味覚祭りに参加しました。
2018-08-09
 8月4日・5日に赤井川村カルデラ公園で開催された「第37回カルデラの味覚まつり」に地域包括支援センターはアイスクリーム・アイスコーヒーの販売を行いお祭りに参加しました。
 両日ともに過ごしやすい気候で、沢山の方がご来場されておりました。アイスクリームはバニラの他にあまり普段は食する機会の少ない、「塩大福風」「草餅風」のアイスも販売し、実際に召し上がった方から「とても美味しい」と好評をいただきました。
 
 今年は昨年以上にお祭りに参加された方々と交流をすることもでき、改めて地域包括支援センターのPRができたと思います。お越し頂いた方々ありがとうございました。
 
地域包括支援センター:7月の活動の様子(おしゃべりサロン・元気はつらつ教室)
2018-07-31
 7月の活動についてお知らせします。
 
 7月のおしゃべりサロンは、まず健康体操を行いました。その後に認知症予防の体操を行い、皆さん最後まで楽しみながら参加されていました。また、毎回恒例のズンドコ体操も、慣れた様子でしっかり体を動かされていました。
 後半のフリータイムではお話に花を咲かせたり、麻雀やトランプなど、お好きなことをして過ごしていただきました。今回は以前サロンを行っていた職員さんも見えられ、いつもより盛り上がりをみせていました。
 
 元気はつらつ教室は14名の参加となり、新たに参加される方も少しずつ増えてきています。今回は下半身の体操を中心に、筋力やバランス能力の向上メニューを行いました。最後のレクリエーションでは時間も忘れて、大盛り上がりとなり、皆さん暑い中でも、元気に体操に取り組まれていました。
 
 来月のおしゃべりサロンは、グループホームあまらんすで開催される夏祭りへの参加と、通常のサロンの2回開催したいと思います。また、元気はつらつ教室も開催致しますので、参加を希望される方は、赤井川村地域包括支援センターまでご連絡ください。
 
1
qrcode.png
http://shirakaba-group.jp/
モバイルサイトにアクセス!
016952
<<医療法人社団白樺会>> 〒044-0013 北海道虻田郡倶知安町南三条東5丁目1-2 TEL:0136-22-0003 FAX:0136-22-0288