医療法人社団白樺会|介護老人保健施設|麓華苑|ろっかえん|倶知安|白樺会内科クリニック

 

赤井川村地域包括支援センター

   
   地域包括支援センターは赤井川村からの委託事業です。
 高齢の方が、住み慣れた地域で尊厳をもってその人らしい生活ができるよう必要な支援を行っていきます。

〒046-0501
北海道余市郡赤井川村字赤井川318番地1
TEL:0135-48-5205 / FAX:0135-48-5206
 

事業所概要

事業所概要
  所在地 〒046-0501 北海道余市郡赤井川村字赤井川村318番地1
       赤井川村健康支援センター内
  営業時間 8:30~17:15
  休業日 土曜日・日曜日・祝日
  地域 赤井川村全域
  対象者 赤井川村民の皆さん及びそのご家族等
  費用 ご相談は無料です。介護予防ケアプラン等作成にかかる費用は全額保険給付のため、ご利用者様の負担はありません
 

業務内容

業務内容
 

 

地域包括支援センターの役割

地域包括支援センターは、高齢者やご家族が住みなれた地域で安心して暮らしていけるように、いろいろな面からみなさんを支えます。

1.相談や悩みにお応えします(総合相談)

介護、福祉、健康や医療など総合的な相談窓口です。
自分のこと、家族のこと、ご近所さんのことなど、どこに相談してよいか分からない心配事も、お気軽に相談ください。
担当職員がご相談に応じます。
 

2.高齢者の権利を守ります(権利擁護)

◆高齢者虐待防止
高齢者虐待の防止、早期発見につとめます。
近所の高齢者の様子が“ちょっと心配…”という小さな気づきがあれば、ご連絡ください。
  ・郵便物や新聞が郵便受けにたまっている
  ・最近、姿を見かけない
  ・家の中から大きな怒鳴り声が聞こえる
  ・服装が不自然(汚れがひどい、季節に合わない格好をしている、など)

◆成年後見制度の活用促進
『成年後見制度』は判断能力が十分ではない人(認知症、知的障がい、精神障がいなど)の「預貯金の管理」(財産管理)や「日常生活でのさまざまな契約等」を支援(身上監護)する制度です。
制度の説明や専門機関を紹介するなどの支援を行います。

◆消費者被害の防止
悪質な訪問販売やリフォーム業者などによる被害を未然に防ぐため、消費生活相談室等と連携し、相談・普及啓発活動を行っています。

3.地域を支えます(包括的・継続的ケアマネジメント)

◆ケアマネジャーへの支援
ケアマネジャー(介護支援専門員)は介護の知識を幅広くもった専門家で、介護保険サービスに関するさまざまな支援を行います。
地域包括支援センターでは、地域のケアマネジャーが円滑に仕事ができるよう支援しています。

◆地域の連携づくり
さまざまな機関や村民の方々と連携を取り、高齢者の皆さんが暮らしやすい地域づくりを目指します。

 

赤井川村地域包括支援センター:活動の様子をお伝えしていきます。

赤井川村地域包括支援センター:活動の様子をお伝えしていきます。
フォーム
 
地域包括支援センター:3月の活動の様子
2020-04-02

 3月27日(金)に元気はつらつ教室を開催しました。

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、住民の皆さんが集まる通いの場の中止が続いていましたが、生活が不活発な状態が続くことも高齢の皆さんの健康に良くないと考え、感染予防対策を行った上で元気はつらつ教室開催となりました。

お迎えに行った玄関先や会場の玄関先でそれぞれ検温を行い、手洗い・アルコール消毒を行っていただきました。また、会場では1メートル以上の間隔をあけ、窓を開けて換気を行い、密室空間を作らない体制で皆さんに運動していただきました。

 1か月ぶりの通いの場の開催となり、参加していただいた皆さんから「コロナのニュースばかりで暗い気持ちになっていたけど、気分転換になりました」、「この1か月で運動不足を感じていたから今日来られて良かった」、「久しぶりにみんなと会えて楽しかった」などの嬉しい声が聞かれました。

 今後の開催につきましては、新型コロナウイルスの消息を見計らい、判断させていただきますので宜しくお願い致します。

 

 
地域包括支援センター:2月の活動の様子
2020-03-02

   2月13日(木)のおしゃべりサロンでは季節行事である「節分」を行いました。内容としましては「恵方巻作り」と「豆まき」を行いました。

  皆さんに恵方巻を作りました。恵方巻は七福神にちなんで7種類の具材を用意し、皆さんにお好きな具材を入れていただきました。自宅で恵方巻を作って食べたという方が少なく、様々なお話をしながら楽しく恵方巻を作られていました。

  そして、今年の吉方である「西南西」を向き、無病息災を願いながら食べている方もいらっしゃいまり、お味のほうも皆さんから「とても美味しかった」というお声をたくさん聞くことができました。

  今回のサロンでは以前赤井川包括支援センターで勤務していた山崎亮相談員が参加してくださり、久々にお会いした参加者の皆さんが喜ばれていました。

  そして、そのまま山崎相談員が青鬼役・小山センター長が赤鬼を務め、皆さんとても楽しく笑い声があふれる豆まきの時間を過ごすことができました。

 

  今回ご協力していただいたたんぽぽサロンのボランティア4名の皆さん、本当にありがとうございました。また皆さんと楽しい時間を過ごせるよう、企画していきますのでたくさんの参加お待ちしています。

  なお、開催予定でありました3月6日・13日の元気はつらつ教室と3月12日のおしゃべりサロンについてですが、「新型コロナウイルスの感染拡大防止」のため、開催を中止させていただくこととなりました。元気はつらつ教室・おしゃべりサロンの参加を心待ちにしていた皆さんに心よりお詫び申し上げます。

   再開日時につきましては、今後の新型コロナウイルスの状況を見計らい、判断させていただきますので宜しくお願い致します。

 
地域包括支援センター:1月の活動の様子
2020-02-03

 1月16日(木)のおしゃべりサロンでは「園児との交流」を開催しました。プログラムはお遊戯、紙芝居、玉入れで交流です。

 園児さんたちのお遊戯はとても可愛く、見ている皆さんも楽しい気持ちになりました。保育士さんからの紙芝居は「舌切り雀」を披露していただき、参加者の皆さんにとっても懐かしい体験で園児さんたちと一緒に楽しむことができました。

 玉入れでは2グループに分かれて対戦しました。園児さんたちは足腰の悪い参加者さんに玉を拾ってくれたり、一緒になって玉入れを楽しむことができました。

 可愛い園児との交流で、参加者の皆さんは終始にこやかに過ごされていました。ご協力していただいた赤井川へき地保育所の皆さん、本当にありがとうございました。

 また皆さんと楽しい時間を過ごせるよう、企画していきますのでたくさんの参加お待ちしています。

 
地域包括支援センター:12月の活動の様子
2020-01-06

 12月13日(金)のおしゃべりサロンでは「クリスマス会」を開催しました。今回はクリスマスにちなんだ軽食をご用意させていただきました。メニューはチキングラタン、コンソメスープ、ポテトサラダ、ケーキカップです。前日から保健推進委員の皆さんにご協力していただきながら60人分を作らせていただきました。

 当日は33名にご参加いただきました。昼食を食べてきてしまった方もいらっしゃいましたが、皆さんから「とても美味しい」「お家では作らないものが食べられて嬉しい」「お話しながら食事するといつもよりおいしく感じる」など嬉しい声をたくさん聴くことができました。

 食事を楽しんでいただいた後は、エンジョイクラブさんにカラオケを歌っていただき、参加者の皆さんそれぞれが歌ったり手拍子をしたりと楽しい時間を過ごされていました。

 今回のクリスマス会を開催するにあたり保健推進委員、そしてエンジョイクラブの皆様のご協力もあり大盛況のうちに無事終えることが出来ました。 ご協力していただいた皆さん、本当にありがとうございました。

 

 また皆さんと楽しい時間を過ごせるよう、企画していきますのでたくさんの参加お待ちしています。

 

 
地域包括支援センター:11月の活動の様子
2019-12-03

 8月と10月のおしゃべりサロンにて11月開催の文化祭に向け、出展作品を制作しました。出展作品は赤井川村のキャラクターである「あかりん」のちぎり絵を制作しました。参加された皆さんが一生懸命取り組んでくださり、とても良い作品が完成しました。

 文化祭は11月1日()・2日()3日(日)に赤井川村体育館にて開催し、おしゃべりサロンで11月1日に参加させていただきました。出展した作品のちぎり絵を観て「自分たちの作品を飾られると嬉しいね」「すごく素敵だね」といった声を聴くことができました。そのほかにもたくさんの作品が出展されており、じっくり観賞されていました。また、体育館には休憩スペースがあり、温かい飲み物やお茶菓子を食べながら会話をし、楽しい時間を過ごされていました。
qrcode.png
http://shirakaba-group.jp/
モバイルサイトにアクセス!
029861
<<医療法人社団白樺会>> 〒044-0013 北海道虻田郡倶知安町南三条東5丁目1-2 TEL:0136-22-0003 FAX:0136-22-0288